セルフビルドでお気楽生活

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミ
リタイア生活へ
参加サイト

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

山小屋の建築7 基礎と土台  



土台を全体に設置していく。

1本目の土台の据え付けと同じ要領で、反対側にも基礎と土台を設置する。実は最初の構想では、一般の住宅の基礎を作る際の「遣り方」をするつもりであったのだけど、独立基礎ではそこまで精度を求める必要はないと判断したのでやめることにした。

タダで貰ってきた土台に使用している角材が、それほど反っていたり捻れている状態ではないのを確認する。

画像中央から少し左の青い物体は水平器で、これで土台の水平を見ることにした。これが水平になるように基礎の地盤を少しづつ調整する。地味だが以外と手間を食う作業である。

そんなんでいいのかと思われるかもしれないけど、結構な高さまで材料を組んできた現在の印象だと問題は感じないので、とりあえずは大丈夫かと思っている。



1枚目の画像でとりあえず「口」の左右2本は設置したわけだけど、上下の2本はこんな感じで納まってくる。

1枚目の画像の土台の両側の凹に欠いておいた部分にドッキングするような感じで、凹を逆さまに欠いておいて2本を組み合わせる。

「口」だけだと後々、床を施工するときに心許ないのと、土台全体をガッチリさせるために真ん中にも1本入れて結果としては「日」の字のようになった。

火打ちも入れればもっと間違いないふんだろうけど、これは最悪、建物が出来上がっても施工することが出来ると判断して先送りにした。基礎の高さだけで870ミリあるので、床下に潜り込んで作業するのには何かと都合が良い。

基礎は9本作ったと書いたのだけど実は画像の手前土台の真ん中のように、地盤に大きな岩があって1本使用できなかったので、そこは岩から土台の高さを実測して、それに合う長さに角材をカットして土台とビスで打ち込んで設置した。





画像手前のボルトと土台の関係。

このように基礎に埋め込んだアンカーボルトを基礎パッキンをかませて、15ミリの穴を開けた土台に通して、上から座金とナットでシッカリと締め付ける。

実際締め込んでみた感想としては、土台と基礎が非常に緊結され一体となる風で安心感があると感じた。



貰ってきた角材なので所々に継ぎ手やら間柱の掘り込みがあるけど、米松の105ミリ角材だし、もし今後、問題が発生したらその時はその時だと思って楽観的に構えている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミ
リタイア生活へ
参加サイト

category: 建築

tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。