セルフビルドでお気楽生活

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミ
リタイア生活へ
参加サイト

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

山小屋の建築9 1段目の壁の設置  







土台への1段目の設置。

土台と壁材の寸法について、の記事で書いたように土台を設置したならば、いよいよ2×6材を購入してノッチを加工して壁を作っていく。

実際はもっと使う予定だが、第一陣としてカインズホームから2×6の12fを取り敢えず80本購入した。1本980円なので一気に約8万円弱の出費でもう後には引けないのだなあ、と材料を眺めながら思ったものだ。

事前に2×4材で小さな同じ構造の模型は作ってはみたのだけど、取り敢えず2層式は1段に8本使うので2段分の16本を加工してみて実際の様子を見てみることにした。

寸法についての記事とロフトの制作途中の記事でも書いたように、居間の部分(高さ約1800ミリ)までは単純に正方形に組んでいくだけなので、その通りに加工していく。







1段目を組んでみた時の様子。

今回イージーログビルダーさんHPから画像をお借りしたが、全く画像と同じ具合で組み合わさって来たので非常に安心した。

イージーログビルダーさんの画像の通り1段目だけは4本必ず、2×6の材料のせいの高さである140ミリの半分70ミリの材料が組み込まれてくるのだけど、これは丸ノコの並行定規というものを使えばそんなに難しい加工ではない。平行定規というものは材料に平行に沿わせることによって、均一の幅で丸ノコの刃を動かせるというシロモノ。

毎度のごとく初期段階での作業の画像が少ないため、定規で半分に落とした画像がないのが心苦しい。おそらく今後予定している床下の断熱材にスタイロフォームを加工する時の作業風景画像でアップすることが出来ると思う。



ほぼ計算通りに土台の外面と、外側の壁材の外面が一面になってくれた。別に複雑な加工や組み立てをしているわけではないのだけど、素人ながらこの位ピシャリでいくと結構気持ちがいい。

あとは取り敢えず残りの材料と同じ位置にノッチ加工を行って壁を高く積み上げていけばいいはずだ。

とりあえず安心してシーリング材を打ち込むことが出来た。





最近撮り直した土台と壁の画像。外面の雰囲気と、1段目のハーフ70ミリに加工した壁材の取り合い。土台との絡みの参考に。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミ
リタイア生活へ
参加サイト

category: 建築

tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。