セルフビルドでお気楽生活

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミ
リタイア生活へ
参加サイト

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

山小屋の建築2 ノッチの加工  









ノッチの加工について。

画像を検索してもらったほうが早いかもしれないけど、普通、ノッチというとログハウスでいうところの丸太と丸太が交差する部分のことをいう。

ただ僕が今回採用している材料は全て2×6なので、正確にはノッチとは少し違うかもしれない。そこはご了承頂きたい。

墨付け(加工する箇所の位置出し)は差金でやっている。画像には写ってないけど、事前にメジャーで所定の寸法の所にマークをしておいた後、差金で鉛筆でキッチリとカットする部分を出す。これが1、2枚目。

2×6は材料の幅が139~140ミリなので(乾燥具合とか加工されたタイミングにって少し誤差がある)、僕は71ミリカットするようにしている。何故半分より多めかというと、実際に材料同士が合わさってくるとどうしても伸びてくるからだ。これについてはまた詳しく書く機会があると思う。

その後、丸ノコとジグソーで加工するのだけど、3枚目、丸ノコの左側の丸ノコ用の定規を左手で固定しながら丸ノコを動かす。

この定規のお陰で対して上手くない素人でも材料の長手方向に対して直角にカットが出来る。

僕の場合は墨が少し残るくらいに丸ノコで切れ目を入れている。それが画像4枚目。墨を残しすぎると、いざ組んでいく際にキツくて入らず、最悪材料が割れてしまうし、墨を消しすぎるとユルユルになってしまう。

何となく難しそうだけど、とにかく墨付けを1ミリ単位で正確に行って、後は定規と丸ノコで正しく使えばなんてことはない。

また加工の続きを書いてみようと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミ
リタイア生活へ
参加サイト

category: 建築

tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。