セルフビルドでお気楽生活

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミ
リタイア生活へ
参加サイト

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

山小屋の建築4 基礎の自作  





基礎の自作。

基礎は自分でセメントや砂利を購入して、練って自作の型枠に流し込んで作った。

DIYだとホームセンターに行くと見かける沓石タイプのがよく使われたりしている気がするけど、コンクリート自体で基礎の高さを稼ぎたいと考えていたのと、ボルトを埋め込んで土台の角材とガッチリと接続したいと思っていたので、練作るのは面倒だったけど自作した。

コンクリートを練ったことがある人ならこの苦労がよく分かってくれると思う。しかも普通のバケツとスコップでやったので、たった9本を作るのに休み休み2日かかってしまった。

型枠を作ったと言ってもこれが本式のやり方なのかどうかはよくわからないけど、流し込んだら枠が外れたとか、出来上がりのものがやたらヒビが入ってどうしょうもない、とかそういうのは無いから見た目はともかく実用上は大丈夫じゃないだろうかと思っている。

作り方は画像を参考にしてもらえれば特に難しく無いと思うけど、ただ合板同士を組むのではなく、角の部分に野縁(30×40ミリの角材、ホームセンターにはまず間違いなく置いてある)を使ってやることが肝要。画像1枚目で合板の外側から縦に使っているやつである。

型枠のサイズは150ミリ角で高さが合板の横幅そのままの910ミリにした。その中にコンクリートを流し込んで、1メートル長さの鉄筋を投入した。

こんな鉄筋の入れ方でどれほどの意味があるのかわからないけど、市販の沓石なんかは鉄筋入って無かったはずだし、それよりはマシじゃあないだろうかと思っている。もし地震が何かで問題が発生したらこのブログで報告する機会があるかもしれない。

そして150ミリ角幅の中央にボルトをインした。これは一般の住宅なんかで基礎を作るときに埋め込んでいるものと同じ、正規の物なので間違いないはずだ。確かZマーク金物とかそんなのだったはず。

ボルトの長さはどの程度、表面に出すかというと、想定では基礎パッキン(20ミリだったかなw?)がきて、その上に105ミリ角の米松土台が来て、さらに座金とナットで止まることになるので150ミリほど出した記憶がある。少し前の画像なので記憶が曖昧で申し訳無いw

ちなみに先述の野縁の使い勝手はかなり良くて、雨養生とか壁や天井の下地とか汎用性が高い。野縁の使い勝手については度々書く機会もあるかと思う。

基礎についてはもう少し画像があるのでまた書いてみたいと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミ
リタイア生活へ
参加サイト

category: 建築

tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。