セルフビルドでお気楽生活

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミ
リタイア生活へ
参加サイト

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

山小屋の建築11 ノッチの加工3  





ノッチの加工の続き。

斜め方向には丸ノコである程度の切り込みが入っているので、それに従ってジグソーで簡単に切り込んでいくことが出来る。僕のやり方では斜め方向に一発入れてとりあえず三角部分を落とす。







その後は墨線に沿って残りの部分を落としていく。反対側の角に向かってまっすぐにジグソーを入れていけばいい。前の記事でも書いたように2×6の幅の半分より少し大きめの71ミリのところに墨を書いているわけだけど、これを残さないように(線を消すように)ジグソーを入れていく。線を残すとどうしても材料が残りすぎて、いざ組んでいく時に厚みですんなり組むことが出来ない。







ジグソーを入れた側の裏側、反対側の様子。丸ノコと違ってジグソーの刃は細くて薄っぺらいのでどうしても刃が外側に逃げる。そのため反対側は上のような状態になってしまうのだけど、特に問題はない。

真ん中の画像のようにこちらがわからも、ジグソーを入れてあげればオーケー。ただ、こちら側からも刃は外に逃げてしまうので、材料の中心部に向かってはらむというか、山形になってしまう。









そこでまずは角、隅の残った細かいところを手ノコで飛ばしたあと、中央の山になっているところをノミで削っていく。ノミと聞くと一見難しいようだけど、硬い木材と違って、ツーバイ材、SPFというのは針葉樹で柔らかいので非常に簡単にかつ繊維に沿って綺麗にノミてこそげ落とすことが出来る。





仕上がりとしては大体こんな感じになる。真ん中71ミリの墨線が残っていなくて、消える位にジグソーを入れている。

下の画像ではメジャー当てて大体平ら、つまり、はらんでいない山形になっていない、ということがわかってもらえると思う。もちろんこんなことで毎回確認はしないけど、平らかどうかを確認するにはこういう方法もあったりする。

ノッチの加工についていろいろ書いてみたけども、細かく説明したせいでなんとなく手間が掛かりそうな気がするかもしれない。で実際には1箇所に付き5分位なもので、もちろん慣れてくればテンポよく進むし、加工も綺麗になってくる。

とにかくこのイージーログビルダーの方式ではこのノッチの加工が結構な作業部分を占めていて、言ってしまえばこれさえこなせるようになれば誰でもこの方式で小屋を作ることが出切る。

もっと安価な2×4材なんかで小さなモデルを作ってみるのもいいんじゃないかと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミ
リタイア生活へ
参加サイト

category: 建築

tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。