セルフビルドでお気楽生活

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミ
リタイア生活へ
参加サイト

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

山小屋の建築12 材料の修正方法  



材料の修正について。

ツーバイ材というものは、集成材と違ってどうしても曲がりや反り、捻れが大きい場合が多い。僕みたいにホームセンターで購入している場合は特に注意が必要である。

数本購入する場合は店頭で状態の良さそうなものを選べばいいけど、何十本とまとめて購入する場合はそうも言っていられない。

そこで組み立てていく時に、ビスやクランプで修正しながら組んでいくことになる。







インパクトドライバーについているビットはダボ加工するもので、あいにくまだダボ自体の画像はないのだけど、真ん中の画像の様にビスを打ち込む前にビスよりも大きな穴を開けることが出来る。

材料の癖を修正するだけなら別にこんなことをする必要はないのだけど、後々ダボを打ち込んでカットすれば仕上がりが綺麗になるということでまずはビスを打ち込む前にこれを行っている。

その穴にビスを打ち込んで止める。するとどうなるか。





右側が室内側、左側が外で上の画像がビスを打ち込む前、下が打ち込み後である。最初の方でも書いたように、どうしても材料によって全て上や下や横に曲がり捻れがあるので、計算通りに加工していても組み立ててみると隙間が出来てしまうのだけど、こういうふうに、ビスを打ち込む事によってそういった隙間や曲がりのある程度の部分は修正する事ができる。

ただ、どうしても修正しきれない程の曲がりなんかもあって諦めることもある。僕は購入してから結構な期間、加工組立をしないで放置していたのでそれも大きかったかもしれない。

どうしてもそのままにしておくと木材自体の本来の癖をが出てきてしまうので、購入してから加工組立までは早くすることをお勧めする。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミ
リタイア生活へ
参加サイト

category: 建築

tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事

カレンダー

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。